このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「秋日和」です。

お天氣、お天氣、 

川辺の梢で、

もずきち高啼く。

乾いた、乾いた、

苅田の刈稲、

榎の掛稲。

續くよ、續くよ、

むかうの街道を

稲積んだ車が。

お天氣、お天氣、

啼け啼けもずきち、

底なしお空で。

 

(秋日和:金子みすゞ)

『金子みすゞ全集』(JULA出版局)より

 

リズミカルな言葉が心地良いですね。

秋の風景の中に、

もずの声が高く響いて聞こえてきます。

お天気の良い秋はゆったりと

した気持ちにさせてくれます。

 

鈴木 澪

 

春にヒバリが空高く見えないほど高く、

声だけが春の野に。

秋にはもずが鳴く、ヒバリのように空高くとは、

うっかり気づきませんでした。

今度の秋に出会いたいなアー、

街では無理だから、

秩父か群馬で稲刈が終ったころ、いきたいなア。

地球温暖化でズレてないかな。

 

大西 進 

 

  

 

明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)