このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「振子」です。

 

時計の窓をのぞいてる

 

止つたふり子はさびしさう。

 

窓のそとには、街がみえ

 

子供が縄とびしてゐるに、

 

だれかみつけてくれないか

 

鞦韆(ぶらんこ)押してくれないか。

 

窓の硝子をのぞいてる

 

錆びたふり子は、さびしさう。

 

(振子:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

止まった時計は用が足りません。

 

人でも道具でも用無しになってしまったら、

 

それは悲しいです。寂しいです。

 

世の中、人のために

 

仕事ができることが生き甲斐というものです。

 

鈴木 澪 

 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)