このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「目のないお馬」です。

ぶりきのお馬は 

目なし馬。

ぶりきの騎兵は急ごにも、

お馬目なしで路みえぬ。

ぶりきの騎兵にたたかれて、

めくらめつぽに駆け出して、

蕎麥の林を駆けぬけて、

紅い犬蓼とびこえて、

一本榎にぶつかつて、

ぶりきのお馬は泣き出した、

ぶりきの騎兵も泣き出した。

 

(目のないお馬:金子みすゞ)

『金子みすゞ全集』(JULA出版局)より 

 

ぶりきで出来た馬だから、

目が見えないのでしょう。

本物の馬だったら、

こんな事にならないはず……。

かわいそうな、ぶりきのお馬さん。

でも、これはぶりきで作られた

お馬さんの運命なんです。

 

鈴木 澪

 

ぶりきのおうまは顔もしっかり

画かれていないけれど、

それだけに遊ぶ子どもの想像力が育ちます。

オモチャは完ペキではない方がよい。 

 

大西 進

 

 

 

 

明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)