このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「二つの小箱」です。

 

 

紅絹(もみ)だの、繻子だの、甲斐絹(かひき)だの、

 

きれいな小裂が箱いつぱい。

 

黒だの、白だの、みどりだの、

 

なんきん玉が箱一ぱい。

 

  それはみいんな私のよ。

 

いつか、ちひさい兄さんが、

 

船長さんになつたとき、

 

二つの小箱たのむのよ。

 

  それはみいんな私のよ。

 

船は波路をなん千里、

 

小人の島へ交易に。

 

そしてかへりにや甲板に、

 

島の寳が山のやう。

 

  それはみいんな私のよ。

 

私は明るい縁側に、

 

ずらりときれを並べるの。

 

それからさらさら音立てて、

 

なんきん玉をかずへるの。

 

  それはみいんな私のよ。

 

(二つの小箱:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

みすゞさんの詩は、美しい色でできています。

 

それこそ絵になります。

 

みすゞさんの心も色彩でいっぱいだったのでしょう。

 

鈴木 澪

 

 

子どもの頃、誰れだって「宝物」を

 

いっぱい持ってましたね。

 

大人からみれば「ゴミ」や価値のないものでも

 

大事にそっとしまってて。

 

時には木の根元や引出しのおくに入れ、

 

一人ながめて「夢」みてたね。

 

それはみんな、ぼくのものだった。

 

みなさんはいかが?

 

大西 進

 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)