このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「襖の繪」です。

 

ここはねむりの森なのよ、

 

わるい仙女に呪はれて、

 

みんなねむつた森なのよ。

 

 

赤い帽子のきつつきは、

 

檜にとまつて、目をあいて、

 

つつきかけて、ねむつてる

 

 

咲いた櫻の木のそばにや、

 

羽をひろげて、とびかけて、

 

二羽のめじろがねむつてる。

 

 

花もねむつて散りもせず、

 

風もねむつてゆれもせぬ、

 

 

ここはねむりの森なのよ、

 

ながいねむりの森なのよ。

 

 

(襖の繪:金子みすゞ)

 

 『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

日本のふすまの絵は素晴らしいと思います。

 

みすゞさんもつい引き込まれて、

 

色々と想いをめぐらさたのでしょうね。

 

それにしてもみすゞさんの想像力は群を抜いていて、

 

絵本になっています。

 

鈴木 澪

 

 

あたり前のことだけど画かれた絵は動かない。

 

(うごかす絵本もあるけれど)

 

そんなあたり前の絵から、

 

風もねむってゆれもせずなどの言葉をうみだす。

 

みすゞはやっぱりネー「うーん」ですね。

 

大西 進