このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「四つ辻」です。

 

誰か

 

知らないお客さま、

 

おうちのみちをきかないか。

 

すねてお家をぬけたゆゑ、

 

秋の夕ぐれ、四つ辻に。

 

はらりはらりと散る柳、

 

ちろりちろりとつく灯(ともし)。

 

たれか

 

知らない旅のひと、

 

お家のみちをきかないか。

 

 

(四つ辻:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

子供がすねて家から飛び出すと、

 

帰るチャンスをいつにしようかと考えあぐねます。

 

子供心に体裁をつくろう、

 

そんな子供の心の内がよーく出ています。

 

おうちのみちをきかないか、

 

というフレーズの中に……。

 

鈴木 澪

 

 

プイッ!とお家をとびだして、

 

わけもなくさみしくなって。

 

帰るきっかけがほしくても、

 

あれこれ考えて、だんだん暗くなっちゃうし、

 

どうしよう。

 

大西 進