このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「唖蟬」です。

 

  おしゃべり蝉は歌うたふ、

 

朝から晩まで歌うたふ、

 

誰が見てても歌うたふ、

 

いつもおんなじ歌うたふ。

 

 

唖(おふし)の蝉は歌を書く、

 

だまつて葉つぱに歌を書く、

 

誰も見ぬとき歌を書く、

 

誰もうたはぬ歌を書く。

 

 

  (秋が來たなら地に落ちて、

 

  朽ちる葉つぱと知らぬやら。)

 

 

(唖蝉:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

唖蝉とは単にメスのせみのことですが、

 

みすゞさんはあえて

 

それを本当におしであるかのように書いています。

 

どんな者にもそれぞれ役割があって、

 

一生懸命に生きて、そして死んでゆくと……。

 

鈴木 澪

 

 

せみとりのあみを「タモ」といってた子どもの頃、

 

かごいっぱいにとりっこしてかぞえてた。

 

これ「オシゼミ」と分けてた。

 

でも作曲家?とはね。見事な詩。

 

作曲するときまけないようにと思ってた。

 

あとがき( )まで作曲しちゃったよ。

 

2003年広島の旅の途中での作曲でしたよ。

 

夏の終りだった。

 

大西 進