このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「虹と飛行機」です。

 

町の人ははじめて

 

虹を見た、

 

飛行機見に出て

 

虹をみた。

 

 

しぐれの空から

 

飛行機は、

 

虹の輪のなかへと

 

急いでる。

 

 

わかつた、

 

わかつた、

 

飛行機は、

 

町の人に

 

この虹

 

みせようと、

 

虹から

 

つかひに

 

來たんだよ。

 

 

(虹と飛行機:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

むかしから虹はあったでしょうから

 

珍しくはなかったのでしょうが

 

珍しい飛行機を見ることで虹が

 

よけいクローズアップされたのではないでしょうか。

 

虹と飛行機のコラボレーション……

 

これは印象深いものだったに違いありません。

 

鈴木 澪

 

 

昔のプロペラの飛行機は大きな音がしてました。

 

音が聞こえてから表へとび出しても、

 

今のように早くないのでアレだ、とんでる!

 

声に出して知らせ合った昔。

 

めずらしかったなプロペラ飛行機。

 

もあった、ワーイ!とカンセイがきこえます。

 

大西 進