このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「樂隊」です。

 

とうからここですねてるに

 

誰もさがしてくれないの。

 

なぜだか知らない、すねてるに

 

誰も見つけてくれないの。

 

活動冩眞の樂隊の

 

とほくなるのを聽いてたら

 

なんだか泣きたくなつちやつた。

 

 

(樂隊:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

子供のすねてる時は、

 

かまってもらいたいからなのに

 

知らんぷりされてしまうと、

 

本当に悲しくてそんな気持ちを

 

樂隊というにぎやかな音が反比例して

 

さらに淋しく感じてしまいます。

 

鈴木 澪

 

 

今も昔も、昔も今も、人は一人でいたいのに、

 

でもだれかわかってくれる人

 

を探しています。

 

突然ですが……「昨今の事件を思います」

 

この世に一人でも心配してくれる

 

人がいつもいつもほしい、これは今も昔も。

 

あなたはいかがですか。

 

大西 進