このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「山いくつ」です。

 

町のうしろはひくい山、

 

山のむかうに村ひとつ、

 

村のあちらは高い山、

 

それから先は知らないの。

 

お山をいくつ、越えたなら、

 

いつかの夢のなつかしい、

 

黄金のお城がみえるでせう。 

                        

 

(山いくつ:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より 

                   

 

山がいくつも折り重なった村に住むのは、みすゞさん。

 

高い山、低い山、様々な山たちが夢を見せてくれます。

 

お城が少女の夢なら、そのお城の王女様もまた少女の夢です。

 

みすゞさんの夢は果てしないのです。

 

鈴木 澪

 

 

カール・ブッセの詩

 

「やまのあなたの空遠く幸い住むと人のいう……」

 

を思い出させますね。

 

昔、人は自分の住んでいたところから、

 

山をこえて遠くに行く人は「旅人」

 

しかいなかったですね。

 

住めば都、そこにあるものだけで暮らせてました。

 

山はバリアであると同時に囲いの安らぎでもありました。

 

「ふるさとの山はありがたきかな」ですね。

 

でも、山のむこうはあこがれでもあったのですね。

                              

大西 進