このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「もくせいの灯」です。

 

お部屋にあかい灯がつくと、 

 

硝子のそとの、もくせいの、

 

しげみのなかにも灯がつくの、

 

ここのとおんなじ灯がつくの。

 

 

夜更けてみんながねねしたら、

 

葉つぱはあの灯をなかにして、

 

みんなで笑つて話すのよ、

 

みんなでお唄もうたふのよ。

 

 

ちやうど、かうしてわたしらが、

 

ごはんのあとでするやうに。

 

 

窓かけしめよ、やすみましよ、

 

みんなが起きてゐるうちは、

 

葉つぱはお話できぬから。

 

 

(もくせいの灯:金子みすゞ)

 

もくせいも人間の営みと同じ生活をしているなんて、

誰が考えるでしょうか?

笑って話したり、唄をうたったり……。

みすゞさんの想像のアンテナは

こんなところにまでのびているんですね。

 

鈴木 澪

 

 

幻想的な詩で、私のもっとも好きな詩の一つです。

宿を出て窓に灯がうつると、

ふとこの詩を口ずさんでいます。

葉っぱと心を通わせるみすゞさんの思いに

ひたってうれしくなります。

曲もそんな想いいっぱいに作れたかなァと思っています。

 

大西 進 

 

 

明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)