このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「忙しい空」です。

今夜はお空がいそがしい、 

 

雲がどんどと駈けてゆく。

 

半かけお月さんとぶつかつて、

 

それでも知らずに駈けてゆく。

 

子雲がうろうろ、邪魔つけだ、

 

あとから大雲、おつかける。

 

半かけお月さんも雲のなか、

 

すりぬけ、すりぬけ、駈けてゆく。

 

今夜はお空がいそがしい、

 

ほんとに、ほんとに、忙しい。

 

(忙しい空:金子みすゞ)

『金子みすゞ全集』(JULA出版局)より

 

みすゞさんは空を見つめる事が多かった女性だと感じる事が多くあります。

この詩は雲が風で動く様をよく表わしていると思います。

雲がお月さんとぶつかるという表現はおもしろいなと感じました。

お空がいそがしいというのも、みすゞさんらしいです。

イラストを描く側にとって、みすゞさんの詩は

大変面白いですし、心が弾みます。

みすゞさんの詩について、

画家の上野紀子さんは

「みすゞさんの詩は絵にならない、

なぜならみずゞさんの詩は完璧だから…」

といった感想を述べていらっしゃいますが、

私はそうは思いません。

みすゞさんの詩はけして単純ではなく、

奥の深いものがあります。

それを探ろうとした時、

一つの詩をたった一枚の絵で表現をしていいものか、

むしろそれは無理なのではとさえ思ってしまいます。

 

鈴木 澪

 

空をみあげ、たくさんかきました。大きな詩集タイトルにも「空のかあさま」

があります。今夜はどんな空かと私も夜空を見上げます。

海上、海岸、島は風が強く、また方向がすぐ変わります。

台風でなくても雲のはやさは都会と全くちがいスピードがあります。

今夜は空の運動会でしょうか、

雲がおっかけっこしています。

これはあそびうたの一つ「おにごっこ」のうたです。

 

大西 進

 

 

 

明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)