このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「舟の唄」です。

わたしは若い舟だつた。 

 

あの賑やかな舟おろし、

 

五色の旗にかざられて、

 

はじめて海にのぞむとき、

 

限り知られぬ波たちは、

 

みんな一度にひれ伏した。

 

 

わたしは強い舟だつた。

 

嵐も波も渦潮も、

 

荒れれば勇む舟だつた。

 

銀の魚を山と積み、

 

しらしら明けに戻るときや、

 

勝つた戰士のやうだつた。

 

 

わたしも今は年老いて、

 

瀬戸ののどかな渡し舟。

 

岸の藁屋の向日葵の、

 

まはるあひだをうつうつと、

 

眠りながらもなつかしい、

 

むかしの夢をくりかへす。

 

 

(舟の唄:金子みすゞ)

 

 

舟の一生を思いやって書いています。

舟も人間と一緒なんだなあと感じます。

若い時と年老いた時の表現が見事です。

 

鈴木 澪

 

 

海を知り舟を知るみすゞさんならではのうた。

舟の存在は日常的あるだけに、

人物化している詩は多いですね。

これは舟の一生。

このうたは数少ない男声のレパートリーになっています。

でも、ひょっとしてこの舟は女性でしょうか。

 

大西 進

 

 

明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)