このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「木」です。

 

お花が散って

 

實が熟れて、

 

その實が落ちて

 

葉が

 

落ちて、

 

それから芽が出て

 

花が咲く。

 

さうして何べん

 

まはったら、

 

この木は御用が

 

すむか知ら。

 

 

(木:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

木の一生を想いうたった詩です。

 

木は花を咲かせ、実をつけ、

 

人を楽しませてくれるけれども、

 

みすゞさんはこの木を心底心配し、

 

何べん回ったらご用が済むのかと考えるのである。

 

どこに、木のことをこのように思う人がいるでしょう? 

 

私はみすゞさんのこんなところが好きです。

 

だれも気にも止めない物に対して、

 

深い愛情をもって思い悩む。

 

みなできることではありません。

 

何べんまはったらというところが

 

こころ憎いことば使いだと思うから。

 

木の一生も人の一生も似ていますが、

 

違うところは、人は一回きりなのに対して

 

何回も何回もくり返すこと。

 

大変だろう、疲れるだろう、

 

と考えてあげる。木にも心があって、

 

感情があってなにかを思っているに違いない。

 

そうみすゞさんは木を見つめています。

 

 

鈴木 澪

 

 

「木」という題の詩が2つある。

 

もう一つは小鳥は小枝のてっぺんに、

 

で始まり「あの木はうれしかろ」と…。

 

この詩は「蜂と神さま」のように、

 

いのちのつながり、

 

いのちの輝きを伝えていて好きだ。

 

大阪の小学校(池田小学校)で

 

子どもたちの命が失われる事件があり、

 

その罪を犯してしまった者をさばく法廷で弁護人が、

 

この詩を読み、反省をうながした記事は有名。

 

 

大西 進