このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「曼珠沙華」です。

 

村のまつりは

 

夏のころ、

 

ひるまも花火を

 

たきました。

 

秋のまつりは

 

となり村、

 

日傘のつづく

 

裏みちに、

 

地面のしたに

 

棲むひとが、

 

線香花火を

 

たきました。

 

あかい

 

あかい

 

曼珠沙華。

 

 

(曼珠沙華(ひがんばな)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

ひがん花の赤色ってとても好きです。

 

外観はさほど好きではないのですが。

 

華やかのなかにどこか悲しみが感じられます。

 

お祭りで買った線香花火は誰しもが親しんだものですね。

 

でもなぜか物悲しいものです。

 

鈴木 澪

 

 

これも夏から秋のかわり目の詩。

 

うら道のひがんばなは、なぜ咲くの?

 

このあかい色はどこからくるの?

 

花火かな???

 

 大西 進