このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「雀のおやど」です。

 

雀のお宿に春が來て、

 

お屋根の草も伸びました。

 

舌を切られた子雀は、

 

ものの言えない子雀は、

 

たもと重ねて、うつむいて、

 

父さん雀はかはいそで、

 

お花見振袖購ひました。

 

母さん雀もかはいそで、

 

お花見お團子こさへます。

 

それでも、やつぱり子雀は、

 

ほろりほろと泣いてます。

 

 

(雀のおやど:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

みすゞさんならではの発想。

 

日本の昔話しも美しい絵物語に変身します。

 

その情景がありありと目の前に展開し、

 

絵本を見ている気持ちになるから不思議。

 

鈴木 澪

 

 

雀がどこから来たのか、たくさんのお話しがあります。

 

おじいさんのおべんとうのおにぎりをたべたので、

 

おじいさんがおなかが空いているなら家で

 

たくさんたべさせようとつれて帰った。

 

その子雀は女の子だったので、

 

おばあさんがヤキモチやいた、

 

というのもあります。

 

大西 進