このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「子供の時計」です。

 

こんな時計はないか知ら

 

三里さきから字がよめる

 

お城のやうな大時計

 

時計のなかのお部屋では

 

みんなで針をまはしたり

 

大きな振子にのつかつて

 

遠くの遠くを眺めたり

 

そして、みんながうたふとき

 

朝はお日さま眼をさまし

 

日ぐれは星が出るならば

 

どんなに私はうれしかろ

 

 

(子供の時計:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

子供にとって、

 

時間の経過はとても楽しみを運んでくるものなのです。

 

もうあと幾つ寝るとお正月♪などの歌があるように、

 

子供は時の経つのを楽しみにしています。

 

大人は、ああもうこんなに月日が経ってしまったとか、

 

一年なんてあっという間だよ、などと話しをします。

 

時の経過は恨めしいものでもあります。

 

大人になると、だんだん日々楽しくないことが多くなってきます。

 

いくら疲れていても生活のために仕事もしなければなりません。

 

大人にとってはこのまま時間が止まって、

 

どこか別の世界へ行ってしまいたい。

 

どと思うことが多くなりますが、

 

子供は前向きでいきいき時間を進めていきます。

 

鈴木 澪