このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「去年のけふ」です。

 

去年のけふは今ごろは、

 

私は積木をしてました。

 

積木の城はがらがらと、

 

見るまに崩れて散りました。

 

去年のけふの、夕方は、

 

芝生のうへに居りました。

 

黒い火事雲こはいけど、

 

母さんお瞳(めめ)がありました。

 

去年のけふが暮れてから、

 

 

 

せんのお家は燒けました。

 

あの日届いた洋服も、

 

積木の城も燒けました。

 

去年のけふの夜更けて、

 

火の色映る雲の間に

 

しろい月かげ見たときも、

 

母さん抱いてて呉れました。

 

お衣(べべ)もみんなあたらしい、

 

お家もとうに建つたけど、

 

あの日の母さんかへらない。

 

今年はさびしくなりました。

 

 

 (去年の毛府:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

関東大震災に想うみすゞさんの心は、

 

大好きなお母さんを亡くした

 

子供たちの代弁者となって

 

悲しみをたたえています。

 

災害はいつ自分の身に起こるか分かりません。

 

そんな突然の悲しみも詩にすると、

 

なぜか叙情的な絵になっています。

 

鈴木 澪