このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「舟乗と星」です。

 

舟乘は星をみた、

 

星はいつてた、

 

「おいでよ、おいで。」

 

波はずゐぶん高かつた。

 

舟乘の眼はかがやいた。

 

風もおそれず、波もみず、

 

星へへさきを向けてゐた。

 

舟乘は岸へついてた、

 

知らぬまに。

 

「星か、星か、」とおもつてた。

 

星はやつぱり遠かつた。

 

舟乘をにがしたと、

 

波はなほさら怒つてた。

 

 

(舟乘と星:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

星は船乗りを楽しませたり、お伽の国へ誘ったりする

 

心をとらえる魅力のある存在に違いありません。

 

それに引きかえ波は自分のことが「眼中」になかった……、

 

と怒っています。とても愉快な発想ですね。

 

鈴木 澪

 

 

とつぜんコワイお話し。みすゞさんは時々、

 

こういうコワイお話しをしますね。

 

舟の上は本当にキケンがいっぱい。

 

今のように設備がない時代の舟、

 

しかもまずしい漁師の舟ですから。

 

舟は星座をたよりに進みます。

 

渡り鳥もそうだという説もありますね。

 

大西 進

 

 

 

 

 

 

ぽつかりと

 

ふうせん、

 

瓦斯(ガス)の灯が映るよ。

 

影燈籠の

 

人どほり、

 

氷屋の聲が沁みるよ。

 

しらじらと

 

天の川、

 

夏越祭の夜更けよ。

 

辻を曲れば

 

ふうせん、

 

星ぞらに暗いよ。

 

(夏越まつり:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

みすゞさんの詩は作曲する人のために

 

書かれているのではないかと思うことがあります。

 

この詩もそんな気のするものの一つです。

 

言葉数が合っていてリズミカル。

 

鈴木 澪

 

 

ふうせんが登場です。

 

空へむかって上るふうせんがほしくてほしくて。

 

でも高くてなかなか買ってもらえなかった。

 

自分の口でプーとふくらまし、

 

手で高く上げてあそんだ。

 

ふくらませるといろんな「え」がかいてあった。

 

ふうせんはゴムでも紙でも

 

夢があった。なつかしいな。

 

大西 進

 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)