このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「井戸ばたで」です。

 

お母さまは、お洗濯、

 

たらひの中をみてゐたら、

 

しやぼんの泡にたくさんの、

 

ちひさなお空が光つてて、

 

ちいさな私がのぞいてる。

 

こんなに小さくなれるのよ、

 

こんなにたくさんになれるのよ、

 

私は魔法つかひなの。

 

何かいいことして遊ぼ、

 

つるべの縄に蜂がゐる、

 

私も蜂になつてあすぼ。

 

ふつと、見えなくなつたつて、

 

母さま、心配しないでね、

 

ここの、この空飛ぶだけよ。

 

こんなに青い、青ぞらが、

 

わたしの翅に觸るのは、

 

どんなに、どんなに、いい氣持。

 

つかれりや、そこの石竹の、

 

花にとまつて蜜吸つて、

 

花のおはなしきいてるの。

 

ちひさい蜂にならなけりや、

 

とても聞えぬおはなしを、

 

日暮れまででも、きいてるの。

 

なんだか蜂になつたやう、

 

なんだかお空を飛んだやう、

 

とても嬉しくなりました。

 

 

(井戸ばたで:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

みすゞさんはお母さんが

 

洗濯をしているのを見ていて、

 

こんな風に空想をしているんですね。

 

実に自由でかわいい空想、

 

みすゞさんの得意な技ですね。

 

鈴木 澪

 

 

井戸ばたといえば会議です。

 

でもこのうたは連想です。

 

小さな蜂しかきけない話。

 

うれしい話、うれしいな。

 

大西 進