このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「みそはぎ」です。

 

ながれの岸のみそはぎは、

 

誰も知らない花でした。

 

ながれの水ははるばると、

 

とほくの海へゆきました。

 

大きな、大きな、大海で、

 

小さな、小さな、一しづく、

 

誰も、知らないみそはぎを、

 

いつもおもつて居りました。

 

それは、さみしいみそはぎの、

 

花からこぼれた露でした。

 

 

(みそはぎ:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

なんとも心がキュンとなる詩です。

 

片思いとはこんな風なのかも…。

 

小さな小さな露のひとしずくの熱い思いは、

 

きっとみそはぎにも届くことでしょう。

 

そう願っています。

 

鈴木 澪