このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「柘榴の葉と蟻」です。

 

 

柘榴の葉つぱに蟻がゐた。

 

柘榴の葉つぱは廣かつた、

 

青くて、日陰で、その上に、

 

葉つぱは靜かにしてやつた。

 

けれども蟻は、うつくしい、

 

花をしたうて旅に出た。

 

花までゆくみち遠かつた、

 

葉つぱはだまつてそれ見てた。

 

花のふちまで來たときに、

 

柘榴の花は散つちやつた、

 

しめつた黒い庭土に。

 

葉つぱはだまつてそれ見てた。

 

子供がその花ひィろつて、

 

蟻のゐるのも知らないで、

 

握つて駈けて行つちやつた。

 

葉つぱはだまつてそれ見てた。

 

 

(柘榴の葉と蟻:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

ありとざくろの葉は大きく、

 

花まではとても遠くて、

 

かなり苦労してきたのに、

 

着いた時には花は散ってしまった。

 

人生にどことなく似ていますね。

 

ざくろの葉の様子は心を打ちます。

 

鈴木 澪

 

 

あまいあまいざくろ、

 

ありはよく知っていて集まってくる。

 

けれど求めるものは遠い、

 

けど思い直してまた歩きはじめる人生。

 

それを見まもっているのは神でしょうか。

 

大西 進