このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「さざえのお家」です。

 

海の夜あけだ、砂のみち

 

トントン、「ちちやでございます、

 

海豚のお乳をおきましよか。」

 

海のまひるだ、海松(みる)並木、

 

「号外、号外」、チンチリチン、

 

「鯨が鰤網(ぶりあみ)にかけられた。」

 

海の夜ふけだ、岩のかげ、

 

トントン、「急ぎぢや、はよ開けた、

 

電報、電報、」ひつそりこ。

 

お風邪か、お留守か、お寝坊か、

 

さざえのお家は戸があかぬ。

 

明けても、暮れても、ひつそりこ。

 

 

(さざえのお家:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

海がどんなに騒がしくても、

 

さざえが身動きひとつしない様子を

 

こんな風に表現するみすゞさんは

 

ユーモアのセンスも持ち供えていました。

 

鈴木 澪

 

 

リズミカルな詩です。

 

夜あけの海だ/まひるの海だ/夜ふけの海だ

 

でもよいのに、頭を海でそろえて、

 

リズムがよいですね。

 

あかぜか、おるすか、おねぼうか、

 

とこんどは「お」をあたまにそろえていますね。

 

大西 進

 

 

ぽつかりと

 

ふうせん、

 

瓦斯(ガス)の灯が映るよ。

 

影燈籠の

 

人どほり、

 

氷屋の聲が沁みるよ。

 

しらじらと

 

天の川、

 

夏越祭の夜更けよ。

 

辻を曲れば

 

ふうせん、

 

星ぞらに暗いよ。

 

 

(夏越まつり:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

みすゞさんの詩は作曲する人のために

 

書かれているのではないかと思うことがあります。

 

この詩もそんな気のするものの一つです。

 

言葉数が合っていてリズミカル。

 

鈴木 澪

 

 

ふうせんが登場です。

 

空へむかって上るふうせんがほしくてほしくて。

 

でも高くてなかなか買ってもらえなかった。

 

自分の口でプーとふくらまし、

 

手で高く上げてあそんだ。

 

ふくらませるといろんな「え」がかいてあった。

 

ふうせんはゴムでも紙でも

 

夢があった。なつかしいな。

 

大西 進