このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「梨の芯」です。

 

梨の芯はすてるもの、だから

 

芯まで食べる子、けちんぼよ。

 

梨の芯はすてるもの、だけど

 

そこらへはうる子、ずるい子よ。

 

梨の芯はすてるもの、だから

 

芥箱へ入れる子、お悧巧よ。

 

そこらへすてた梨の芯、

 

蟻がやんやら、ひいてゆく。

 

「ずるい子ちやん、ありがとよ。」

 

芥箱へいれた梨の芯、

 

芥取爺さん、取りに來て、

 

だまつてごろごろひいてゆく。

 

(梨の芯:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

「捨てる神あれば拾う神あり」ではありませんが、

 

ゴミをそこら辺に捨てる悪い子も

 

役に立っていることもあるんだ。

 

って変に感心していしまいます。

 

鈴木 澪

 

 

すいかの白いところ、梨の芯は

 

昔から親から子への語りつぎ、

 

「けち」ではなくのこすものよ、と教わった。

 

たしかに梨はありさんですいかは

 

虫やかぶとむしのえさにしましたね。

 

大西 進

 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)