このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「光の籠」です。

 

 

 

 

 

 

 

私はいまね、小鳥なの。

 

夏の木のかげ、光の籠に、

 

みえない誰かに飼はれてて、

 

知つてゐるだけ唄うたふ、

 

私はかはいい小鳥なの。

 

光の籠はやぶれるの、

 

ぱつと翅(はね)さへひろげたら。

 

だけど私は、おとなしく、

 

籠に飼はれて唄つてる、

 

心やさしい小鳥なの。

 

(光の籠:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

何ともかわいらしい詩なのでしょう。

 

みすゞさんのやさしさが満ちあふれています。

 

本当にこんな小鳥がいたらいいなあーと思ってしまいますね。

 

鈴木 澪

 

 

太陽の光をかごのように思うとき、

 

思わずうたがとびだして一人たのしくうたってる。

 

大西 進

 

 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)