このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「夕ぐれ」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「夕燒小燒」

 

うたひやめ、

 

ふつとだまつた私たち。

 

誰もかへろといはないが。

 

お家の灯がおもはれる、

 

おかずの匂ひもおもはれる。

 

「かへろがなくからかァへろ。」

 

たれかひとこと言つたなら

 

みんなぱらぱらかへるのよ、

 

けれどももつと大聲で

 

さわいでみたい氣もするし、

 

草山、小山、日のくれは、

 

なぜかさみしい風がふく。

 

(夕ぐれ:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

みすゞさんは、幼い子供の心根を表わすのが得意です。

 

そして、さみしい気持ちも何度も経験しているから、

 

こんな詩がこんな風に書けるのですね。

 

鈴木 澪

 

 

子どもの心を、こんなにピッタリ書くことができるみすゞさんは、

 

子どもの心を大事にのこした大人。

 

大西 進

 

 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)