このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「きのふの山車」です。

祭のあくる日ひるねごろ

 

みんながお晝寝あちこちに

 

さびしくかどに立つてたら

 

きのふの山車がゆきました

 

花も人形もこはされて

 

車ばかしがごろごろと

 

乾いた路をゆきました

 

ひとりさびしく見送れば

 

きのふの山車も曵く人も

 

埃のなかになりました

 

(きのふの山車:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

楽しかったお祭だっただけに、

 

次の日のまた日常に戻って、

 

人々が祭のあと始末をしているのが

 

物悲しく感じられます。

 

大人たちは仕事があるので、それほど感じないけど、

 

仕事を持たない子供にとっては

 

「祭のあとのさびしさ」を強く感じるものですね。

 

鈴木 澪 

 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)