このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「雨の五穀祭」です。

 

 

 

 

 ざんざの雨にながされた、

 

五穀まつりの夜更けて、

 

いまはちらほら星が出た。

 

誰もとほらぬ、ぬかるみに、

 

消えた提灯映つてる。

 

遠い通りを自転車で、

 

わつと囃して通るのが、

 

空ゆくやうに、きィこえた。

 

ひとつ、ふたつ、みィつ、

 

お空に星がふゥえた。

 

どこかの軒の提灯が、

 

またひとつ、消(きィ)えた。

 

(雨の五穀祭:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より 

 

 

せっかく準備したお祭りの提灯、雨で流れて淋しそう。

 

でも、夜にはその提灯の代わりに星が輝き出しました。

 

提灯と星が対照的になっています。

 

鈴木 澪

 

 

私の子どもの時代(昭和初期)も自転車はあったが、

 

もってる家はごくお金持ち。

 

下関はさすが当時の3大都市(東京、大阪、下関)。

 

近代的なにぎやかさがちょいとのぞいています。

 

大西 進

 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)