このページでは金子みすゞさんの本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「海のお宮」です。

 

海のお宮は琅かんづくり、


月夜のやうな青いお宮、


青いお宮で乙姫さんは、


けふも一日、海みてゐます。


いつか、いつかと、海みてゐます。


いつまで見ても、


浦島さんは


陸へかへつた


浦島さんは──


海のおくにの靜かな晝を、


うごくは紅い海くさばかり、


うすむらさきのその影ばかり。


百年たつても、乙姫さんは


いつか、いつかと、海みてゐます。

                             

(海のお宮:金子みすゞ)

『金子みすゞ全集』(JULA出版局)より 

                    

乙姫さんの浦島さんを待つ思いが切々と詩の中に込められていますね。百年 

      たっても……。みすゞさんの乙女心も、

きっと乙姫さんと同じなのでしょう。

                              

鈴木 澪


琅かん=は青い宝石のこと。ぜいたくざんまいは結局あきてつまらない。働

いてこそ人生。浦島さんはおじいさんになり、鶴になり乙姫さんの亀と千年

も万年も思い合う。鶴は千年、亀は万年のおはなし。

                               

大西 進




       明日もまた見て下さいね。
      (午前中に更新予定)