このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「きりぎりすの山登り」です。

 

 

 

 

 

 きりぎつちよん、山のぼり、

 

朝からとうから、山のぼり。

 

ヤ、ピントコ、ドッコイ、ピントコ、ナ。

 

山は朝日だ、野は朝露だ、

 

とても跳ねるぞ、元氣だぞ。

 

ヤ、ピントコ、ドッコイ、ピントコ、ナ。

 

あの山、てつぺん、秋の空、

 

つめたく觸(さわ)るぞ、この髭(ひげ)に。

 

ヤ、ピントコ、ドッコイ、ピントコ、ナ。

 

一跳ね、跳ねれば、昨夜見た、

 

お星のとこへも、行かれるぞ。

 

ヤ、ピントコ、ドッコイ、ピントコ、ナ。

 

お日さま、遠いぞ、さァむいぞ、

 

あの山、あの山、まだとほい。

 

ヤ、ピントコ、ドッコイ、ピントコ、ナ。

 

見たよなこの花、白桔梗(しらききやう)、

 

昨夜のお宿だ、おうや、おや。

 

ヤ、ドッコイ、つかれた、つかれた、ナ。

 

山は月夜だ、野は夜露、

 

露でものんで、寢ようかな。

 

アーア、アーア、あくびだ、ねむたい、ナ。

 

(きりぎりすの山登り:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

何とも楽しげなきりぎりすの山登り風景。

 

想像の自由さがほとばしります。

 

こんな風な考え方が出来たらきっと退屈しないですね。

 

しかし、この詩はみすゞさんの最後の作品で、

 

「童謡で書いた遺書」だとも言われています。

 

そう思うと神妙に詩の中身を考えてしまいます。

 

鈴木 澪

 

 

きりぎりすは誰でしょう。

 

みすゞです、みすゞさんです。

 

元気の出る曲にしようと思ったり、

 

この詩にそって作曲をしようと思ったり、

 

迷った。うたをきいて下さい。(CDあり)

 

大西 進

 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)