このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「晝の花火」です。

 

 線香花火を

 

買つた日に、

 

夜があんまり

 

待ちどほで、

 

納屋にかくれて

 

たきました。

 

すすき、から松、

 

ちやかちやかと、

 

花火はもえて、

 

いつたけど、

 

私はさみしく

 

なりました。

         

(晝の花火:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

                    

 

夜になる前にたったひとりでする花火、

 

かくれて花火をしたって

 

ちっとも楽しくないという気持ちがよく感じられます。

 

子供はそれでも待ち切れず、こんな風になるものです。

 

花火の思い出というものは、誰にもあるものですし、

 

楽しくもあり、その終わった後は

 

やっぱり寂しくもあります。

 

鈴木 澪

 

 

一人で納屋で昼間から、さびしさにたえられず、

 

でも終ればやっぱりさみしい、みすゞです。

 

火をみると過去も未来もみえるから不思議です。

 

燃える火は、現実と過去、未来を連想させます。

 

希望の火、祈りの火、生きる火、

 

 

花火はそれがつまっています。

 

 

大西 進

 

 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)