このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「草原」です。

露の草原

 

はだしでゆけば、

 

足があおあお染まるよな。

 

草のにほひもうつるよな。

 

草になるまで、

 

あるいてゆけば、

 

私のおかほはうつくしい、

 

お花になつて、

 

咲くだらう。

               

(草原:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

                    

 

草原を歩くみすゞさんの

 

心の内がのぞきます。

 

こんな風に思って草原を歩くなんて、

 

楽しくなります。

 

美しいものが好きなみすゞさんの

 

願いがこめられています。

 

鈴木 澪

 

 

露の草原をあるくと、いつか草になり、

 

野の花みたいな花になる。

 

すてきな変身願望。

 

日本にはモンゴルのような

 

広いところはないが

 

「そうげん」と呼ぶ

 

みすゞさんは「くさはら」にない

 

スケールで自然をみてました。

               

大西 進  

 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)