このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「浮き島」です。

 

私は島が欲しいのよ

 

波のまにまにゆれ動く

 

それは小さな浮き島よ。

 

島はいつでも花ざかり

 

小さなお家も花の屋根。

 

みどりの海に影さして

 

ゆらゆらゆれて流れるの。

 

海のけしきも見飽きたら

 

海へざんぶり飛びこんで 

 

私の島をくぐっては

 

かくれんぼして遊ばれる。

 

そんな小島が欲しいの。

 

(浮き島:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

みすゞさんが欲しがるものは子供心にあふれた遠大なもの。

 

この詩も絵にしたら、とても楽しい風景だ。

 

花々にあふれた島はそれだけで夢いっぱい。

 

みすゞさんの心の内がそのままだ。

 

波に揺れ動く浮き島が欲しいだなんて、

 

みすゞさんの夢は本当に大きくてびっくり。

 

でも、夢はいくらでも大きくていいのです。

 

こんな島が自分のものだったら

 

本当に楽しいことでしょうね。

 

子供心も大人心までもが揺さぶられます。

 

ロマンチストなみすゞさんらしい詩ですね。

 

お金がなくても、貧乏でも想像力が豊かであれば、

 

いくらでもその気になれるのです。

 

日頃から感性を磨き想像力も鍛えておきたいものです。

 

鈴木 澪

 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)