このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「光る髪」です。

 

 

 

 

沈む、沈むよ、

 

濱に出てみれば、

 

赤い大きな

 

夕日の毬が。

 

光る、光るよ、

 

金いろの絲が、

 

入り日みてゐる

 

光(みつ)ちゃんの髪が。

 

かがろ、かがろよ、

 

眞赤な毬を、

 

金の小絲で

 

麻の葉にかがろ。

 

 

(光る髪:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

友達の髪が美しく光っている様子を見逃さないで、

 

詩にうたい上げるみすゞさん、昔はいじめもなく、

 

みんな仲良しでしたね。

 

友達は大切な大切な宝物。

 

鈴木 澪

 

 

お友達のことをこんな風にみているなんてすてきです。

 

夕日はほんとにキレイです。

 

でもその光より光ちゃんの方がキレイでした。

 

だからその糸で美しいものがまたうまれるのですね。

 

みすゞさんの心の広く深いこと。

 

大西 進

 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)