このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「空の色」です。

 

 

 

 

海は、海は、なぜ青い。

 

それはお空が映るから。

 

空のくもつてゐるときは、

 

海もくもつてみえるもの。

 

夕燒、夕燒、なぜあかい。

 

それは夕日があかいから。

 

だけどお晝のお日さまは、

 

青かないのに、なぜ青い。

 

空は、空は、なぜ青い。

 

(空の色:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

この世の中には、不思議がいっぱい。

 

科学的に分析すると、なあんだという事も

 

子どもの心で思う時、どんな事も不思議になります。

 

みすゞさんは、そんな童心を持った人なのです。

 

「童心を無くしては、もう死んでいるのだ」

 

と言う言葉があります。

 

みすゞさんはまさに「一生懸命に生きていた」

 

人なのだと思います。いまの世の中、

 

身体は生きているけれど、心はもう死んでしまった

 

人たちがたくさんいるように思います。

 

せめて、みすゞさんの詩を読み、

 

心を生き返えらせてほしいものだと思います。

 

今もみすゞさんは我々の心の中で、

 

みずみずしい感性を持って

 

生きているのではないでしょうか。

 

鈴木 澪

 

 

「不思議だなア」と思うと、本当に不思議です。

 

みすゞさんは、こんな詩をたくさん書いています。

 

子どもらしい着想が好きです。

 

夕日があかいから夕焼けあかい、

 

昼のお日さまあかいのに、なぜ青い。

 

ほんとに ふ・し・ぎ。

 

大西 進

 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)