このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「王様のお馬」です。

 

王樣のお馬は木のお馬、

 

お供のお馬は、土の馬。

 

だけど、おもちやのお國では、

 

王樣のお馬は金の馬、

 

お供の馬は銀の馬。

 

雨のふる日のふる畳、

 

それもおもちやのお國では、

 

空も青空、あを草の、

 

なかをお鈴がちりしやらと、

 

金のお鈴がちりしやらと。

 

(王樣のお馬:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

みすゞさんはお馬が好きだったのかしら?

 

よく登場しますね。

 

当時は馬は荷物運びなどの、

 

いまの車の役割をしていて

 

よく目にしていたのでしょうね。

 

おもちゃのお国は子供の夢の国です。

 

現実とは違い思いのままの世界です。

 

鈴木 澪

 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)