このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「お風呂」です。

 

 

 

 

母さまと一しよにはいるときや、

 

私、お風呂がきらひなの。

 

母さまは私をつかまへて

 

お釜みたいにみがくから。

 

だけど一人ではいるときや、

 

私、お風呂が好きなのよ。

 

そこでする事、多いけど、

 

なかで一ばん好きなのは、

 

ぽかり浮べた木のきれに、

 

石鹸(しやぼん)の凾や、おしろいの、

 

かけた小瓶を並べるの。

 

(それはすてきな御馳走の、

 

ならんだ黄金の卓子(テイブル)で、

 

私は印度の王樣で、

 

白蓮紅蓮咲きみちた、

 

きれいなお池に浸つてて、

 

涼しいお夕飯あがるとこ。)

 

玩具を持つてゆくことは、

 

いつか母さま、禁(と)めたけど、

 

時にや隣の花びらが、

 

散つてお船になつてくれ、

 

時にや私の指たちが、

 

魔法つかつて長くなる。

 

誰も知つてやしないけど、

 

私、お風呂が好きなのよ。

 

(お風呂:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

私もお風呂はニガ手でした。

 

母が十まで数えたら出ていいと言うので、

 

九まで数えると決まって十は長~く言う母。

 

みすゞさんのように想像力があったなら、

 

ずいぶんお風呂も楽しかったのに……。

 

鈴木 澪

 

 

子どもはお風呂が好きなのに、

 

大人が洗うのはほんとうにきらいです。

 

にげてばかりの子どもたち。

 

誰もが思い出しますね。それから、

 

冬には十かぞえ、二十かぞえて湯につかるよう、

 

つかまえる大人からにげること。

 

この詩のようにあそんでいるなら、

 

ずっと長くても平気です。

 

大西 進

 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)