このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「海の人形」です。

 

 

 

 

大きな眞珠のお手まりや、

 

貝のかずかず、枝珊瑚、

 

人魚のむすめは飽きました。

 

陸の子供のもつといふ、

 

黒いおめめの人形が、

 

ほしい、ほしいと泣きました。

 

母さん人魚はいとしさに、

 

人形抱いた兒の船を、

 

沈めてそれを奪りました。

 

むすめは人形みるたびに、

 

とほいお國がこひしくて、

 

とうとう海を捨てました。

 

海の人形はやはらかな、

 

藻のゆりかごで、すやすやと、

 

いまも、お夢をみてゐます。

 

陸の人魚は、ふるさとを、

 

こひし、こひしと磯でなく、

 

磯のちどりになりました。

 

(海の人形:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

無いものねだりのわがまま娘の成れの果て、

 

それが磯のちどりになりました。

 

人にはそれぞれ分相応ということがあります。

 

そして、もちろんその人の役割が

 

それぞれ有ります。

 

他人を見て羨ましく思ったり、

 

妬んだりは愚かなことです。

 

この詩はみすゞさんからの

 

我がまま者への警鐘でしょうか?

 

鈴木 澪 

 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)