このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「舟のお家」です。

 

 

 

 

 

 

 

お父さんに

 

お母さん、

 

それから私と、

 

兄さんと。

 

舟はお家はたのしいな。

 

荷役がすんで、日がくれて、

 

となりの舟の帆柱に、

 

宵の明星のかかるころ、

 

あかいたき火に、父さんの、

 

おはなしきいて、ねんねして。

 

あけの明星のしらむころ、

 

朝風小風に帆をあげて、

 

港を出ればひろい海、

 

靄(もや)がはれれば、島がみえ、

 

波が光れば、魚が飛ぶ。

 

おひるすぎから風が出て、

 

波はむくむくたちあがる、

 

とほいはるかな海の果、

 

金の入日がしづむとき、

 

海は花よりうつくしい。

 

汐で炊(かし)いだ飯(まま)たべて、

 

舟いつぱいに陽をうけて、

 

帆にいつぱいの風うけて、

 

ひろい大海旅をする、

 

舟のお家はうれしいな。

 

(舟のお家:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

家族一緒だとどこにいても楽しいもの。

 

ひとつの舟に乗り生活を供にするのは、

 

よりいっそう楽しさが倍加するものです。

 

親の苦労をよそに、

 

子供はなんの心配もいりません。

 

ただただ楽しいのです。

 

鈴木 澪

 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)