このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「雲の色」です。

 

夕やけ

 

きえた

 

雲のいろ、

 

けんくわ

 

してきて

 

ひとりゐて、

 

みてゐりや、

 

つッと

 

泣けてくる。

 

(雲の色:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

今まであんなに明るかった空が、

 

太陽が沈むととたんに暗く無彩色の世界へ

 

と変わって行きます。

 

みすゞさんはその時の淋しさを、

 

けんかをしてきた時の思いと重ねて、

 

さらに強いものにしています。

 

空の色の変わり方を見ていると

 

雲の色の違いも気付きます。

 

みんなが見ている空、

 

みんなの思いがひとつになって

 

本当の平和が来るといいなあと

 

思います。

 

鈴木 澪

  

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)