このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「お堀のそば」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 お堀のそばで逢うたけど、

 

知らぬかほして水みてた。

 

きのふ、けんくわはしたけれど、

 

けふはなんだかなつかしい。

 

につと笑つてみたけれど、

 

知らぬ顔して水みてた。

 

笑つた顔はやめられず、

 

つッと、なみだも、止められず、

 

私はたつたとかけ出した、

 

小石が縞になるほどに。

 

(お堀のそば:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

子供の時代の友達とのけんかの気持ちが

 

とてもよくあらわされていると思います。

 

むずかしい心の動きを、

 

こんな風に表現するなんて……。

 

子供もこうした心の葛藤を体験しながら

 

大人になっていくのですね。

 

鈴木 澪

 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)