このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「つばめ」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つういと燕がとんだので、

 

つられてみたよ、夕空を。

 

そしてお空にみつけたよ、

 

くちべにほどの、夕やけを。

 

そしてそれから思つたよ、

 

町へつばめが來たことを。

 

(つばめ:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

つばめが遠くから町へやってきたという感激、

 

夕焼けもいつもと違って見えます。

 

つばめは、よく忘れずに決まって

 

やって来るものです。

 

自然界には不思議がいっぱい。

 

鈴木 澪

 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)