このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「木の葉のボート」です。

 

 

 

木の葉のボートに乗つてゆく、

 

黒い小蟻は探検家。

 

青いボートではるばると、

 

海のあなたへ出かけます。

 

海のあなたのはなれ島、

 

砂糖のお山、蜜の川、

 

さうして怖い鳥もゐず

 

蟻の地獄もないとこを。

 

青いボートでただひとり、

 

これから尋ねに出かけます。

 

(木の葉のボート:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

ありを踏まないように歩いています。

 

みすゞさんもきっとそうだったに

 

違いありませんね。

 

ありを探検家にさせるという考え方は面白いです。

 

多才な発想をするみすゞさんならではの詩だと思います。

 

ありの観察をしていますと、あの小さな身体で、

 

あんなに大きな物を運んだり、

 

あるいは遠くまで行ったり来たりと

 

しているのを感心して見ていること

 

がありますね。あの小さな身体のどこに

 

そんなパワーがあるのでしょうか? 

 

鈴木 澪 

 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)