このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「露」です。

 

 

 

誰にもいはずにおきませう。

 

朝のお庭のすみつこで、

 

花がほろりと泣いたこと。

 

もしも噂がひろがつて

 

蜂のお耳にはいつたら、

 

わるいことでもしたやうに、

 

蜜をかへしに行くでせう。

 

(露:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

私はこの詩が、みすゞさんの詩の中で特にすきです。

 

なんと優しさに満ちていることでしょう。

 

蜜を取られ、泣いているお花、

 

ミツバチはそれを取らなければならない。

 

みすゞさんは、ミツバチに

 

お花が泣いていることを内緒に

 

しておこうと思っています。

 

ミツバチのことを思い、噂が広まるのを恐れて……。

 

このような詩が書けるみすゞさんって

 

すごいなあと思います。

 

深く物事を考えることのできる女性です。

 

鈴木 澪

 

 

胸のいたみ、誰にも相談できぬこと、

 

一人ひとりもっているのではないでしょうか。

 

そんなときの舞台づくりのみすゞさんの上手なこと。

 

この花も、すみっこにさいている花を

 

主人公にして、美しくもせつない思いです。

 

この詩は当時、北原白秋や野口雨情らにも

 

高く評価されました。

 

大西 進

 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)