このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「空のあちら」です。

 

 

 空のあちらに何がある

 

入道雲もしらないし

 

お日さまさへ、知らぬこと

 

空のあちらにあるものは

 

山と、海とが話したり

 

人がからすに代(な)りかはる

 

不思議な、魔法の世界です。

 

(空のあちら:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

みすゞさんは、空をよく振仰いで

 

見ていた人なのだと思います。

 

空のあちらは不思議なものであふれている

 

と感じていたのでしょう。

 

入道雲もお日さまも知らないなら、

 

人間はどうして知ることができるでしょうか。

 

みすゞさんは、時空をはるかに超え、

 

想像豊かな発想を次々と考えることの

 

できる人に違いありません。

 

他の詩にもありますが、見えないものが

 

彼女には充分感じ取れるのです。

             

鈴木 澪

 

 

 

大好きな詩の一つです。

 

なんたって変身するのですよ。

 

でもね、空のあちら

 

は現実の世界でなく、遠い遠い

 

あちらの世界ですね。キット!

 

みんな人間のままでは

 

いられないのでしょうか……??

 

生まれ変っても、もう一度同じ自分になりたい!

 

のではないでしょうか。

 

みすゞさんは、この世でない世界のことを

 

思いつづけていたのです。

 

大西 進

 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)