このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「手品師」です。

 

 

私はきのふ、決めたのよ、

 

いまに大きくなつたなら、

 

上手な手品師になることを。

 

きのふ見て來た手品師は、

 

みるまに薔薇の花咲かせ、

 

ばらをお鳩に變へてゐた。

 

(手品師:金子みすゞ) 

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

誰もが不思議な世界へひきこまれる手品。

 

みすゞさんもそのひとりだったんだ

 

なあと思うと、より親近感を覚えます。

 

そして、手品師になると決めたなんて、

 

そこら辺はみすゞさんもどこにでも

 

いる子どものひとりになっています。

 

私達もみんなそんな気持になったこと

 

ありますよね。

 

いつまでも子どもの心を持ち続けた

 

みすゞさんの思う事は、

 

子どもの代弁者としての姿勢が保たれ、

 

私たちを昔の世界に誘ってくれるのです。

 

私も手品のように、ええ何でこんな

 

イラストが描けるんだ?というくらい

 

不思議な絵を描いてみたいな。

 

鈴木 澪

 

 

私も手品師になりたくて。

 

種があるとわかっていても、

 

不思議だ不思議だと感心してばかりです。

 

特に体を空中にふんわり浮ばせる術は

 

やってみたくてたまりません。

 

満員電車でギュウギユウやられているとき、

 

ふんわり浮べたら最高!

 

大西 進

 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)