このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「不思議な港」です。

 

  

 

ふるい港の大時計、

 

六時をうへにかかつてた。

 

ふたつの針はやすみなく、

 

なぜか左へまはつてた。

 

朽ちてこはれたさんばしに、

 

まつ紅な花がただひとつ、

 

ひるの光にゆらいでた。

 

黒い、しづかな水のうへ、

 

お山のやうに、だァまつて、

 

むかしの船がかかつてた。

 

そんな港のあるとこは、

 

どこのお國か、いつごろか。

 

誰にきいても知りやしない、

 

それは私の夢だもの。

 

(不思議な港:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

花の色の豊かな様子が思い浮かびます。

 

カラフルな海、お花の波を船で行く、

 

考えたら何とも夢がいっぱいです。

 

だれも思わないことを常に

 

考えているみすゞさんです。

 

鈴木 澪

 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)