このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「けがした指」です。

 

 

白い繃帯(ほうたい)

 

してゐたら、

 

見てもいたうて、

 

泣きました。

 

あねさまの帯借りて、

 

紅い鹿の子でむすんだら

 

指はかはいい

 

お人形。

 

爪にお顏を

 

描いてたら、

 

いつか、痛いの

 

わすれてた。

 

(けがした指:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

何か楽しいことをさがして

 

いるのがみすゞさん。

 

けがをしていてもそれを忘れません。

 

その時の様子が見てとれます。

 

「痛いの痛いの、飛んでゆけ~」

 

子供は気持ちひとつで痛さも忘れ

 

てしまうものなのですね。

 

鈴木 澪

 

 

けがした指の爪に、

 

どんな目を描いたのでしょう。

 

きっと優しい目

 

をしている三ケ月まゆげの顏でしょうか。

 

大西 進

 

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)