このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「天人」です。

  

 ひとり日暮れの草山で、

 

夕やけ雲をみてゐれば、

 

いつか参つた寺のなか、

 

暗い欄間の彩雲に、

 

笛を吹いてた天人の、

 

やさしい眉をおもひ出す。

 

きつと、私の母さんも

 

あんなきれいな雲のうへ、

 

うすい衣着て舞ひながら、

 

いま、笛吹いてゐるのだろう。

 

夕やけ雲をみてゐれば、

 

なんだか笛の音がする、

 

かすかに遠い音がする。

 

(天人:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

お母さんと離れて暮らしていたみすゞさんは、

 

空を見上げてはお母さんを想っていたのでしょう。

 

それにしても、空は本当に色々なことを

 

想わせてくれる空間で、不思議があふれています。

 

鈴木 澪

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)