このページでは金子みすゞさんの

本日の詩をご紹介しています。

 

「きょうのみすゞさんの詩は・・・」

 

「打出の小槌」です。

  

 打出の小槌を貰つたら

 

私は何を出しませう。

 

羊羹、カステラ、甘納豆

 

姉さんとおんなじ腕時計、

 

まだまだそれより眞白な

 

唄の上手な鸚鵡(おうむ)を出して、

 

赤い帽子(しゃっぽ)の小人を出して

 

毎日踊りを見ませうか。

 

いいえ、それよりお話の

 

一寸法師がしたやうに

 

背丈を出して一ぺんに

 

大人になれたらうれしいな。

 

(打出の小槌:金子みすゞ)

 

『金子みすゞ全集』

(JULA出版局)より

 

 

みすゞさんの出したいものは

 

何とも楽しいモノばかり。

 

そして、やはり最後にもってきたのが

 

「いっぺんに大人になりたい。」

 

子供なら考えることかも知れないけれど、

 

みすゞさんが言うと素敵に思えます。

 

一寸法師のくだりは、

 

やはりお伽の世界に自由に入り込める

 

しなやかな素直な心が出ています。

 

もし、私だったら?と考えると、

 

はて?良案は浮かばず、

 

悪いことばかりが多発する

 

今の世相を考えるに、

 

悪人を懲らしめる

 

「桃太郎侍」に登場してもらい

 

世直しをしてほしい……なんてね。

 

詩にもなんにもなりませんよね。

                             

鈴木 澪

 

 

「変身」一時テレビで流行しましたが、

 

みすゞさんも変身大好きです。

 

いつも何かになりかわりたがります。

 

昔話しもお得意で「打出の小槌」は

 

きっとお気に入りだったことでしょう。

 

大きな夢を追いつづけたみすゞさん、

 

今なら何を願うでしょうか?

                              

大西 進

 

 明日もぜひ見て下さいね。

(更新は午前中の予定)